卵型の箱


Ruban Noirは4月中のレッスンをお休みさせて頂いております。

新型コロナウィルス感染症に罹患された方々、また感染拡大により様々な形で普段通りの生活を送ることが困難になっている方々・・一日でも早くこのような状況から脱することが出来ることを祈っています。


家にいる時間が増えたことを無駄にしないように、生地や装飾品の整理のほかカルトナージュのレベルアップのための勉強にも有効に時間を使いたいと思っています。

最近始めたミシン刺繍も着々と勉強中です。


イースターが近いこともあり、「卵型」の箱を作ってみました。

まずは製図から。

今回はコロンとしたディフォルメされた卵型ではなくやや面長な感じの「長卵形」にします。



卵型の製図で作ったテンプレート

複雑な形ではないので製図自体はわりと容易にできましたが、カルトナージュにとって製図はまだ序の口。

この卵型、結構手強かったです。

楕円と違って片側の先が尖っていてカーブがきついので、組み立てもコツが要りました。

結果、側面は何度かやり直すことに・・。

何度も失敗を繰り返す時はいらいらしたり心が折れそうになったりするのですが、失敗は自分の経験として力になることを身を以て経験しているので最近はやり直しにもかなり忍耐強くなりました。








出来上がった作品はこちらです。

ウサギはミシン刺繍しています。

白とグレーでシンプルにまとめました。

ちょっと大きなお弁当箱といった大きさです。















蓋を開けたところです。

白い生地はアンティークのナプキンを使っています。

適度な厚みがあるのに使い込まれているため柔らかくてとても使い勝手が良いのです。

内側には卵のミシン刺繍をグレーの糸で。











蓋裏には手持ちのレースのアップリケを。

ミシン刺繍のウサギとイメージが似ています。
















今回の刺繍はモチーフをレースで編んだようにデザインされています。装飾的なのにさりげなくシックでとても気に入っています。




いろいろと不便なことがある中でも、こうしてカルトナージュに取り組めるのは本当に幸せなことです。当たり前と思っていたことの有難さを身に染みて痛感します。

皆様もどうぞお気をつけて日々をお過ごし下さいませ。






Cartonnage & HomeDeco  Ruban Noir