3段のジュエリーケース


アトリエカルトナージュのキット作品「ガラスの窓のジュエリーケース」(3段の引き出し)のサンプル作品を作り直しました。

3段の引き出しのジュエリーケースですが、上にガラス(アクリル板)がはめ込まれているので上段の中が上から見えるデザインになっています。




紙とスキバルで作る作品としてデザインされているので今回もスキバルと紙で作ってみました。

グレーのスキバルに合わせたのはレースのような美しい模様が透けて見える白い和紙です。









透明な窓から内側が見えるので、クラシックなフレームの模様をミシン刺繍をした生地を上段の引き出しの内底に貼りました。

窓の周りには角にループでアクセントを付けたブレードの装飾を。

ループの根元には紫色の小花の小さなモチーフを貼っています。

濃淡のグレー、白、紫。とても好きな色の組み合わせです。













2段目3段目の内底には刺繍入りの白いアンティークナプキンを使いました。














引き出しを開けたところです。引き出しの取っ手にはクラシックなデザインのものを使いました。









本体はスキバルが貼られています。

スキバルを使うと作品のラインがシャープに現れてカチッとした印象になります。

後ろから見たところです。













キットになっているとは言ってもやはり引き出しはサイズ調整が必要なので、3つの引き出しを作るのは根気が要ります。しかもカーブの引き出しなのでなかなか大変です。

カーブの引き出しに挑戦してみたいけれど一から自分で用意するのは大変そう・・と思っていらっしゃる方には是非お勧めのキットです。

こちらのキットは在庫限りとなり再販は未定です。当アトリエは在庫が4つほどございます。

単発でもお作り頂けますのでレッスンをご希望の方はお問合せ下さい。