額縁に花を飾る


根っからの「額縁好き」の私ですが、久しぶりに額縁を使って作品を作りたくなりました。

今回作ったのは壁に花を飾るためのものです。




縦長でもともと奥行きのある額縁ですが、むき出しの木にアルミ製の縁が貼ってあるざっくりとした作りだったので渋めのゴールドで塗装をして好きなテイストの額縁に加工し、花を挿す容れ物をカルトナージュで作り額縁に貼りました。

額縁の色に合わせて渋めの起毛の柄紙を額縁の内側と箱に貼っています。

とても好きな雰囲気の作品に仕上がりました♪















箱内側は汚れが気にならないようにスキバルを貼っています。

もともと奥行きがある構造なので箱も安定します。













アーティフィシャルフラワーを飾っても良いですし、樹脂製の容器を入れて生花も挿すこともできます。

オリエンタルな雰囲気も持つ柄紙なので和の設えの花にもぴったりだと思います。枝を挿しても渋くて素敵かも知れませんね。


下の画像向かって左はアーティフィシャルフラワーの紫陽花、右は庭のバラ・アイスバーグを飾ったところです。

花瓶に挿すのとはまた違った雰囲気を楽しめます。

背景が額縁なので絵を描くように花の配置を考えるのも一興です。




こちらの作品はホームデコレーションの単発レッスンでお作り頂けます。

ご興味のある方はお問合せ下さい。