課題サンプル 可愛いボンボニエール 

アトリエカルトナージュ・サティフィカコースのオンラインレッスン用の資料作りを進めていますが、それに合わせて課題サンプルも新しく作っています。

最近完成したのが「ボンボニエール」です。


六角形、三角形、変形の五角形と直線的な形を組み合わせたデザインの課題です。

紙とスキバル(あるいはクロス紙)で作る課題なのですが、現行のサンプルはボンボニエールにしてはちょっと渋い素材で作っていました。

そこで新たに作るサンプルは少し可愛いテイストで作ってみようかと思いこのような作品になりました。







蓋を開けたところです。

内底にも柄紙が貼られています。













伊東屋さんで購入していた珍しい蝋引きのロクタ紙を使っています。ボルドー地に楕円の模様が連続的に並んだ素朴な柄紙です。

ニトロリンのスキバルのボルドー色とぴったりと色が合ったのでこの組み合わせで作ることに決めました。

作品の形が直線的なので丸い模様を組み合わせることで柔らかい雰囲気になりそう、とも感じました。







そしてこのこのボンボニエールには蓋に付ける取っ手が必要でタッセルが付けられることが多いのですが、今回はなかなか使う機会のなかった手持ちのタッセルを使うことに。

ボンボンの三連の可愛いタッセル・・しかも今回使う素材に色もぴったり。「この作品のために待っていてくれたのね!」と思うほどぴったりでした。

柄紙の模様に繋がる丸い形・・可愛いです♥






とても大きなサイズなので、「菓子鉢」のように使っても。

小ぶりなお菓子が結構入ります。















現行のサンプルです。

好きなテイストなのですがボンボニエールにしてはやはり渋いですね。












こうして並べてみると全く違う雰囲気の二つのボンボニエール。

でもカルトナージュってこうだから面白いのですよね。

資料作りのためではあるのですが毎回どんな素材で作ろうかとワクワクしながら課題サンプル作りをしています。

さて、次は・・。