私を成長させてくれたもの


私が所属する、ビジャー香代子先生主宰・アトリエカルトナージュのサティフィカコースはプルミエ(初級)、ドゥジエーム(中級)、トワゼーム(上級)の3課程から成るのですが、各課程の最後に自由課題を提出しなければなりません。


初めて自由課題と向き合った時は本当に悩みました。与えられた準備リストに従って材料を準備し、教わるとおりに作品を作ることしか知らなかったのですからオリジナルの作品をどうやって作り出せば良いのか全く見当がつきませんでした。持っている技術も限られていて

提出したのは当然ながら未熟な作品ばかりで・・。


サティフィカ最初の課題「手帳カバー」

それからサティフィカコースを修了しディプロマコースに進み難易度の高い作品も多く教わり日々悪戦苦闘していく中でいつの間にか様々な技術が身に付いて自分の作りたいスタイルも明確になっている自分がいました。







思い出のサティフィカ自由課題作品の「シルクハットのティッシュケース」


今でもオリジナルの作品を作るという作業は苦しいことが多いのですが、どんなものを作ろうかというワクワク感と完成した時の達成感は何物にも替え難いと思います。


作案から始まって、サイズ出し、製図、テンプレート作り、素材選び、カルトンや素材の切り出し、組み立て、サイズ調整、幾度のやり直し・・本当に地味な作業の繰り返しなのですが今から思うと頭を働かせ手数を重ねるそういう作業こそが自分を成長させくれた気がします。







ディプロマコースの修了課題作品/ビジャー先生の書籍からの課題でした


怠け者の私ですがこれからも手数を惜しまず精進していこうと思っています。


そして既存のデザインの作品でもキット作品でも一作一作に真剣に向き合って自分の世界を表現していくことを心掛けたいと思います。

Cartonnage & HomeDeco  Ruban Noir