生徒様作品 ミュシャのイラストで

アトリエカルトナージュ・サティフィカコースのレッスンで作られた課題作品の完成画像を生徒様にお送り頂きましたのでご紹介します。

今回の課題は「半円と長方形の組み合わせの箱」です。

長方形の両端に半円を付けた形の箱ですが、半円の蓋のサイズの調整の仕方がとても難しい課題です。




蓋は三分割されていますが、真ん中の蓋に各自自由に装飾を施すことになっています。

ミュシャの絵画の中でも人気の高い「ゾディアック(黄道十二宮)」のイラストを使われて素敵な作品に仕上げられました。本当に素敵です♥









イラストの女性の髪の色とスキバルがよく合っています。

窓の装飾ラインもとても凝っていますね。美しいです。











内側はK様がステーショナリー系の作品にいつも使われている壁紙で。

柄合わせも丁寧にされて蓋を開けても美しいです。

この形にスキバルをきれいに貼るのは結構難しいのですがシワもなくきっちりと仕上がっています。素晴らしいです。

Dカンにモスグリーンのピコットリボンを通して蓋の取っ手に使われているアイディアもいいですね。

いつも華美な装飾をせずすっきりとセンス良く作品作りをされているK様らしい装飾です。





蓋裏まできちんと柄合わせをされています。

細部にも手を抜かないことで作品の完成度が高くなります。










トワゼーム(上級)になると課題の難易度も上がってきていますが、それだけに作り甲斐があり完成した時の達成感もとても大きくなると思います。

課題ごとに素材選びも楽しみながら今後も頑張って下さいね。