生徒様作品 ピュアモリスの道具入れ


アトリエカルトナージュ・サティフィカコースのレッスンで作られた課題作品の完成画像を生徒様にお送り頂きましたのでご紹介させて頂きます。

今回の課題は蓋が二重になったデザインの「道具入れ」です。




ピュアモリスの「ウィロウボウ」の生地で作られたシックで洗練された雰囲気の作品です。ウィロウの葉の色とリンクする無地の生地もぴったり。上品で素敵です。









このピュアモリスの生地は地が透け感のある薄手で刺繍部分が厚く盛り上がっているので、カルトナージュ作品に使うのはなかなか難しいのですが、とても上手に処理されておりどの方向から見ても丁寧に作られたのがよくわかります。

素晴らしい仕上がりだと思います。

蓋の曲線ラインの処理も美しく隅々まで心の行き届いた仕事です。







この箱のデザインが面白いのは、通常の蓋の外側に開閉のストッパーの役目をするもう一つの外蓋が付いていることです。

作品を作る上でもこの外蓋の処理がポイントになります。


内側にも文字が入ったモリスの素敵な柄生地を使われています。外側が控えめなので蓋を開けるとまた新鮮ですね。

外蓋の裏側には刺繍生地を上手に使われています。

仕切りの処理も丁寧で素晴らしいです。







いつも作品にぴったりの背景、演出で撮影して下さるO様ですが、今回は「ウィロウ(柳)」にちなんでご自宅の小野道風、蛙に柳の装飾を施した素晴らしい障子を背景に撮影して頂きました。なんて趣深い。

今回も素敵な画像をお送り頂きまして有難うございました。