生徒様作品 ダストボックス ピュアモリスの生地で

アトリエカルトナージュ・サティフィカコースのレッスンで作られた作品の完成画像を生徒様にお送り頂きましたのでご紹介致させて頂きます。

今回の課題は「ダストボックス」。カーブのあるデザインの大きな作品です。



ピュアモリス・「Arbutus」の生地を使われてそれは素敵なダストボックスを作られました。

柄取りもとてもお上手です。

刺繍生地なので貼るのが大変だったと思いますがとてもきれいに仕上げられています。













実の部分にメタリック系の糸が使われていて本当に素敵な生地です。
















四隅の帯と内側はクロス紙を使うことになっていますが生地の地の色に近い生成りの麻のクロス紙を使われています。

ぴったりの組み合わせですね。

内貼りの高さもぴったりと揃っています。

丁寧にケント紙のサイズ調整をされているのがよくわかります。










上質な生地を使っていらっしゃいますが、完成された作品が素敵なのはやはり丁寧に作業をされていて隅々まで神経の行き届いた作品作りをされているからだと思います。

厚いカルトンにカーブのある形を描いて4枚カットするだけでも大変な作業です。

私が大切にしているビジャー先生の言われた「丁寧に作られた作品には品があります」という言葉を思い出します。





お揃いの生地でランプシェードも作られて一緒に撮影された画像もお送り頂きました。お揃いで並べると一層素敵ですね♡

素敵な作品の画像を有難うございました。























© Copyright Ruban Noir 2018

Cartonnage & HomeDeco  Ruban Noir