生徒様作品 ソーイングケース


アトリエカルトナージュ・サティフィカコースのレッスンで作られた課題作品の完成画像を生徒様にお送り頂きました。

今回の課題は「ソーイングケース」です。



この課題はモアレ地を使う決まりになっていますが、ホワイトアイボリーのモアレ地を使われて白を基調とした上品な作品に仕上げられました。

蓋に付けられたゴールドのモチーフが効いていますね。オーガンジー素材のタッセルも軽やかでとても良く合っています。

持ち手は白の革のベルト。共布を貼ってくるみボタン風にした割りピンで留めています。

いつも素材を十分に吟味されて作品を作られているのでその成果が作品に表れていますね。

素材同士がよく馴染んで統一感があります。




内側は打って変わってリバティのタナローン「Jess and Jean」を使われて華やかです。

花の咲く木に鳥が止まっている可愛らしい柄です。

内側はペン差しと定規差し、ポケット、ハサミ差しが付いています。

素敵なアイテムを納めて頂いています♡



横から見たところです。内箱の左右側面がスカラップラインになっているので横から見ても素敵です。無地と柄の生地のコントラストがきれいですね。





蓋前に付けられたモチーフは遠目ではわかりにくいのですが、鳥のモチーフです。

内側の生地にも鳥の柄が描かれているので”鳥”繋がりで鳥の模様が編まれたレースや鳥かご、鳥の置物と一緒に撮影して下さいました!

いつも作品にぴったりのアイテムも揃えられて撮影して頂いております。

作品に込めた想いが伝わって来てとても嬉しいです♡














素材もさることながら、今回も細部まで丁寧にお作り頂いています。

素材の選択と相俟って作品の完成度がとても高いです。素晴らしい!




ご自宅のお庭に咲くくちなしの花と作品を一緒に撮影された画像もお送り頂きました。

今回の白を基調とした作品にぴったりですね。

甘い香りが漂ってきそうです。

いつも素敵な画像を有難うございます。