生徒様作品 ガラスの蓋の宝石箱

アトリエカルトナージュ・サティフィカコースのレッスンで作られた課題作品をご自宅で完成されて生徒様が画像をお送り下さいました。


お送り頂いたのは「ガラスの蓋の宝石箱」の課題作品です。

蓋がガラス(あるいはアクリル板)の窓になっていて箱の内側が覗くデザインの箱です。

指輪差しも作ってセットします。



シックなピンク地にグレーがかったブルーでアールヌーヴォー調の模様が描かれたリバティのタナローンを本体に使われたとても美しい作品です。

蓋はクロス紙を使う決まりですが、柄生地のブルーと同じ色味の光沢がありざっくりとした布目のクロス紙を合わせられています。





このタナローンの生地は本当に素敵な柄ですね。

ピンクもブルーも落ち着いた色味なので

とてもシックです。

柄取りも丁寧にされていて美しいです。












アクリル板をセットした蓋も角がきれいに処理されていて気持ちがいいです。

指輪差しもきちんと柄を合わせられていて、隅々まで丁寧に作られているのがわかります。

この課題の蓋の製作は丁寧で正確な作業が求められる根気が必要な工程なのですが、いつも丁寧にじっくりと作品作りをされる生徒様なのでさすがの仕上がりです。







すでに確固たるご自身のスタイルをお持ちなので今回もK様らしいシックで洗練された作品を作られましたね。

素敵な作品の画像を有難うございました。