生徒様作品 つめかけタイプの丸箱

アトリエカルトナージュ・サティフィカコースのレッスンで作られた課題作品の完成画像を生徒様にお送り頂きました。今回の課題はつめかけタイプの丸箱です。

つめかけの作り方、蓋を閉めると箱本体とぴったりと合う蓋の作り方など大切な基本のテクニックを多く学べる課題です。


今回の作品は私も大好きな当アトリエの生地をお使い頂きました。

グレーとフューシャピンクの素敵なジュイ柄の麻生地です。

この生地とぴったりなフューシャピンクのダマスク模様が織られた生地を合わせられました。

蓋のふっくらとしたラインも蓋と本体がぴったりと合ったラインもとても美しく素晴らしい仕上がりです。

同じピンク色の器のフラワーアレンジの作品と一緒に撮影して下さいました。素敵です。  





蓋を開けるとまた違ったイメージの世界です。

つめかけは優しい桜ピンクの麻生地を裏打ちされて使われています。

そして内底はつめかけの生地と同じトーンのピンク色とグレーの糸でイニシャルのミシン刺繍をした生地を使われています。


蓋上、蓋裏にも本体と同じジュイ柄が使われています。

この生地は中心となる男女の柄以外の柄ゆきも素敵で美しいです。

蓋側面もとてもきれいに仕上がっています。





つめかけタイプの丸箱は何度作っても難しいと感じます。

今回のレッスンでもつめかけや蓋側面を歪みなくきれいに貼ることの難しさを感じられたと思いますが、構造に合った生地やケント紙の選択などテクニック以外のところでも学ぶことが多いのがこの課題です。これから難しい課題も増えてきますが頑張って下さいね。




  




© Copyright Ruban Noir 2018

Cartonnage & HomeDeco  Ruban Noir