レッスン作品 蛇腹のハガキ入れ

アトリエカルトナージュ・サティフィカコースのレッスンがありました。

今回の課題は「蛇腹のハガキ入れ」です。

蛇腹部分も製図をして作るのでとても勉強になる課題です。

完成された画像を生徒様にお送り頂きました。





今回もじっくりと素材選びに時間をかけられて完成度の高い素敵な作品に仕上げられました。

イタリア製の柄紙と「灰青」の玉虫のスキバルを合わせられて、蛇腹部分は「エッグシェル」というカラーのキャンソン紙を使われています。

リボンは淡いグレージュを選ばれました。

本当に素敵です。










光の加減で分かりにくいのですが、柄紙の花柄には落ち着いたゴールドが使われています。

パステルカラーの花柄なのに図柄も可愛くなり過ぎず大人っぽくてとてもシックですね。

スキバルもブルー系の玉虫色なので角度によって表情が違って見えて素敵です。

このスキバルを選ばれたところにも高いセンスが感じられます。

スキバルひとつを取っても、いろいろな種類、色を吟味されて選ばれています。












蛇腹部分もとてもきっちりときれいに出来ています。

柄紙の地の色とキャンソン紙の色がぴったりですね。ここまで素材にこだわられているので

全ての素材が調和していて美しいです。






私自身もリボンの一本にまで拘りたい方なのですが、O様は毎回素材の調和を深く考え抜かれて選ばれているので私もとても勉強になります。

次回はどのような素材を選ばれるのかとても楽しみです。

いつも背景までよく考えられて美しい画像をお送り頂き有難うございます。










Cartonnage & HomeDeco  Ruban Noir