ランプシェード フリルスタイル


Filamy Lampshade ディプロマ・アドヴァンスコースの課題にもなっているランプシェード「フリルスタイル」を柄生地で作りました。

「フリルスタイル」は唯一縫製によって仕上げる課題で、手間はかかりますがとても優雅で美しいデザインです。





今回はリバティのタナローン「アイアンシー」を使いました。

リバティの柄の中でも大好きな柄です。

アールヌーヴォー調の優美な柄。

仕上がってみるととてもクラシックな雰囲気になりました。





















以前作った時は無地のラベンダー色の麻生地を使っています。

使う生地によって全く印象が違いますね。

無地もすっきりとして素敵です。

二つを比べると、薄い生地の場合はドレープが多く入り、麻のように張り感のある生地はゆったりとしたドレープの入り方です。

それぞれ個性があっていいですね。











Filamy Lampshadeのディプロマ・アドヴァンスコースでは、ベーシックコースよりさらに凝った魅力的なデザインのランプシェードを製図から制作致します。

ベーシックコースを終えられてアドヴァンスコースに進まれる皆様の作られる作品を楽しみにしております。






Cartonnage & HomeDeco  Ruban Noir