フレンチメゾンデコールディプロマレッスン


(株)日本ヴォーグ社監修のカリキュラム・フレンチメゾンデコールのディプロマレッスンがありました。

第一回目はタッセル三種を作りました。


まずはコード作りから。全てのコードをまとめて作ったので作るたびに慣れていきましたね。自分でつかんだ感覚はとても大事です。



そしていよいよタッセル本体へ。

最初は基本のタッセル「エクラ」です。

糸を巻いていく作業は丁寧さが求められ、作品の出来を左右する大切な作業のひとつですが、とても丁寧に進められました。

とてもきれいに仕上がりましたね。








次は基本のタッセルのヘッドにコードを巻いた「シャポー・ド・ノア」です。

こちらもきれいに持ち手のコードが中央に来てとてもお上手です。ヘッドのコードもきれいに巻かれていますね。










そして最後はファンシーヤーンで作るふんわりとした「リュミエール」です。

丁寧に、丁寧に糸を巻かれたのでバランスの良い美しい房になりました。










刺繍をされている方なので、根気のいる作業も自然に丁寧に進められたのだと思いました。

丁寧さは手仕事には大切なことですね。

次回からいよいよ生地を使った作品制作に入ります。また美しい作品作りを目指して頑張りましょう。






Cartonnage & HomeDeco  Ruban Noir