ビジャー先生レッスン 「クラフトケース」


ビジャー先生のオンラインレッスンで教えて頂いた作品がまた完成しましたのでご紹介させて頂きます。

今回作ったのはカルトナージュ製作には欠かせないクラフトテープ(水貼りテープ)を収納する「クラフトケース」です。

私がいつも使っているクラフトテープはフランス製の180m巻きの大きなものなのですが、普段は無造作にファスナー式のビニールに入れていました。

今回素敵なケースを教えて頂けることになったのでとても楽しみに受講しました。



このような作品です。

二色のクラフトテープが2本同時に収納できます。

本体を立てたまま中からテープが引き出すことができるので、作業もスムーズに進みそうです♡

円と三角形を組み合わせたデザインで、前後には円より少し小さめの花型の装飾が貼ってあります。

今回はオンラインレッスンなので素材は自分で用意したものを使っています。

B&Wのボーダーの生地と黒のクロスを組み合わせて使いました。








横から見るとこのようになっています。

上部のベルトを外すと上からもテープが出し入れできます。


















本体を開けるとこのようになっています。
















久しぶりの「おかっぱシリーズ」です。

作業中に元気が出るようにこのイラストを使いました。

このイラストを使う時はほとんどフューシャピンクを差し色に使っています。

お気に入りの組み合わせです。









上部のベルト留めのテープと、ベルトを固定する割りピンにもフューシャピンクを。

モノトーンの中に少量使うことでグッと素敵になります。








今回の作品は正直とても製作が大変でした。

パーツはいつものように製図からなのですが、サイズ調整や細かい処理などで繊細な作業を必要とすることが多くて何度かやり直したところもありました。

さらに、ボーダーの生地を使ってしまったために結構大変な思いをすることに。貼るときに歪まないように注意しなければならないなどかなり神経を使います。

後悔しても時すでに遅く作業を進めながら何度も心が折れそうになりました・・。

へとへとになりながらも無事完成。

難易度が高い作品は完成した時の達成感が半端ないです。

サイズを変えて一般的なサイズのクラフトテープにも応用できますので小さいサイズにも挑戦してみます!